玉水会病院

消化器科


消化器の病気って?
消化器科

胃が痛い、吐き気がする、嘔(おう)吐を繰り返す、下痢が続く、便秘の期間が長い、血便、腰痛がする、げっぷが出やすい、胸やけ、胸が痛い、全身倦(けん)怠感、脱力感、食欲不振などがあります。

化器科で扱う病気には、消化器全体のガンをはじめ、食道裂孔、ヘルニア・逆流性食道炎、胃、十二指腸潰瘍、胃・大腸ポリープ、胃炎、肝炎、肝硬変、膵(すい)炎、胆嚢(のう)炎、胆石症、大腸炎などがあります。


病気解説(食道、胃腸)
逆流性食道炎

食道に胃酸・すい液が逆流することによる炎症、時に潰瘍を伴います。症状は胸やけ、嚥(えん)下痛、嚥(えん)下困難、時に嘔(おう)吐、吐血もあります。原因として、肥満・背骨のまがり、胃食道接合部のゆるみ等が考えられます。

食道癌(がん)

食道に発生する癌(がん)性腫瘍、男性に多い。固形食の嚥(えん)下困難が主症状、はじめは一時的なこともありますが、進行性で常時出現し、水分しか嚥(えん)下できなくなり、嘔(おう)吐を伴います。時に胸骨下に鈍痛を伴うこともあります。原因として高濃度の飲酒・タバコ・刺激物の摂取等が考えられます。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸に組織の欠損を起こしている状態をいいます。症状は上腹部の鈍痛が多いですが、時に嘔(おう)気、膨満感、食欲不振、吐血、下血等あります。原因は、血流障害、ストレス、炎症、機械的刺激、ヘリコバクターピロリ菌等になります。

胃癌(がん)

胃の粘膜に発生する癌(がん)性腫瘍。早期癌(がん)では症状は認められず、定期的検査で偶然発見されることが多い。進行癌(がん)では体重減少、貧血、心窩(か)部痛、腹部膨満感、食欲不振、嚥(えん)下困難、ときに吐血、下血もみられます。

胃ポリープ

胃の粘膜より発生する、胃内腔(くう)への隆起性病変。ほとんどが過形成性ポリープで良性であるが、時に悪性化するものがある。病状は無症状のものが多いが、心窩(か)部不快感、心窩(か)部痛を訴えることもあり、吐血、下血で発見されることもある。

大腸ポリープ

大腸の粘膜より発生する隆起性病変。腫瘍性ポリープとして腺腫が多く、癌(がん)化するものがあり、内視鏡治療が積極的に行なわれています。一般に大きいもの程、癌(がん)化の頻度が高い。
症状はほとんど無症状ですが、時に出血、便痛異常、腹痛で発見されることもあります。

大腸癌(がん)

大腸の粘膜より発生する癌(がん)性腫瘍。早期癌(がん)は無症状が多いですが、時に下血があります。進行癌(がん)は発生部位 により症状が異なります。その他腹痛、便秘、下痢、便の細小化、排便時の違和感等の症状があります。また、肝臓に転移して発見されることもあります。

炎症性腸疾患

腸に粘膜異常を認め、炎症を起こす疾患を総じて呼びます。細菌性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性腸炎など他にも種々の病名があります。症状は病気によって差はありますが、代表的には腹痛、下痢、下血、発熱等です。

病気解説(肝臓、膵(すい臓)、胆のう)
急性肝炎

急性肝炎は、主に肝炎ウィルスによりウィルスが肝臓内で増え、肝細胞が壊されることにより様々な症状を示す疾患です。発熱、だるさ、食欲不振、筋肉痛など風邪のような症状から発症し、その後黄疸(だん)、尿濃染を認め、この時点でGOT,GPTなどの肝機能異常が最高に達します。
わが国で主にみられる急性肝炎ウイルスはA,B,C型です。A型は経口感染で一過性のものであり慢性化はしません。B,Cは血液由来の感染で、B型は急性感染ではほとんど治癒しますが、いわゆるキャリアーの人については10%が慢性化するといわれています。一方、C型は約70%が慢性化し肝硬変や肝臓癌(がん)へ進む可能性があります。

  • 予防・治療法
    A,B型については、ワクチンが開発されており流行地へ旅行する際や医療従事者にはワクチン投与が推奨されます。 治療については、一般的に予後良好な疾患であり、安静、輸液、食事療法などを行ないます。 
肝硬変

肝硬変は肝障害が治癒せず、肝細胞の線維組織化により肝臓が硬化したものです。肝硬変の約80%はB型あるいはC型肝炎ウイルスに起因しています。診断は身体所見、血液の検査、CTスキャンや腹部エコーなどの画像診断、肝生検による組織診断により行います。

  • 予防・治療法
    治療は、対症療法(適度な安静・運動制限、食事療法)と、食道・胃静脈瘤(りゅう)、腹水、肝性脳症、肝癌(がん)などの合併症の治療が必要となります。
肝臓癌(がん)

原発性と転移性のものがあり、原発性肝癌(がん)については、B型、C型肝炎ならびに肝硬変症の注意深い経過観察が早期発見につながります。

  • 予防・治療法
    早期原発性肝癌(がん)の治療には、直径2cm以下のものであれば内科的に、経皮的エタノール注入、経皮的マイクロ波、経皮的ラジオ焼灼(しゃく)療法(RFA)などがあります。直径が3cmを越えるものについては経動脈的塞栓療法(TAE)、皮下埋め込み式リザーバーによる持続動注化学療法があります。
    外科的には、肝切除術、生体肝移植があります。転移性肝癌(がん)については数個以内ならば外科的切除もありますが、多くの例が末期に近く対症療法が主になります。 
アルコール性肝障害

長期に渡る過剰の飲酒によって引き起こされる肝障害です。
脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変症等の病型があります。アルコールの肝に対する直接的な作用に加えて、栄養因子、免疫異常、遺伝的素因などが、肝障害の原因になると思われます。

症状としては、アルコール性脂肪肝では、自・他覚症状に特徴的なものはありません。
アルコール性肝炎の典型例では、腹痛、発熱、黄疸(だん)および血清GOT、ALPの上昇、更に白血球の増加などが見られますが、肝硬変症では、全身倦(けん)怠感、食欲不振、下痢等が認められます。

  • 予防・治療法
    禁酒と過剰飲酒に伴う栄養障害及び電解質の補正を行い治療します。 
脂肪肝

肝臓の1/3以上の細胞が脂肪化した病態であり、原因として糖尿病、アルコール、肥満が考えられます。特有の自覚症状はありませんが、食欲不振、腹部膨満感、易疲労感、右上腹部痛等がみられます。

  • 予防・治療法
    治療としては原因の排除、原因疾患の治療が大切です。 
薬剤性肝障害

薬物が肝臓で代謝される過程で、薬物またはその代謝産生物によって引き起こされる肝障害です。症状は、全身のアレルギー症状である発熱・発疹と胆汁うつ滞の症状である黄疸(だん)、掻痒(そうよう)感です。

  • 予防・治療法
    治療は起因薬物をなるべく早く中止することです。遷延する際には胆汁酸製剤、副腎皮質ステロイド等を投与する場合もあります。
    予防では食物以外に摂取するもの(健康食品、やせ薬など)に注意を払うことが必要です。
胆嚢(のう)・胆管結石

胆嚢(のう)は、食物を消化・吸収するために必要な胆汁を供給する働きを持つ臓器です。何らかの理由で胆汁の流れによどみができると、徐々に塊りを形成し、結石といわれる状態になります。
結石が大きくなってくると、油分の多い揚げ物などを食べた際に右上腹部に違和感を感じるようになったり、痛みを訴えるようになります。ひどい場合は、胆汁の出口に結石が詰まってしまい、激しい痛みや、吐き気、場合によっては、黄疸(だん)もでてきます。

胆嚢(のう)癌(がん)

胆嚢(のう)の壁に癌(がん)細胞が増殖してくるのが胆嚢(のう)癌(がん)です。胆嚢(のう)癌(がん)は胆嚢(のう)の内側で大きくなってくるので、胆汁の流れに影響を及ぼし、食後の右上腹部の違和感や、食欲不振、黄疸(だん)などの症状がでてきます。

急性・慢性膵(すい)炎

膵(すい)臓は、膵(すい)管を通じて十二指腸へ消化酵素を分泌していますが、様々な原因によりこの流れに障害が出ると炎症をおこし、消化酵素が中で活性化されて、膵(すい)臓自体を消化してしまう状態に陥ってしまいます。一番の原因はアルコールの多飲といわれています。
一番多い症状は腹痛発作で、食べ過ぎや飲酒後数時間たって発症し、背部に痛みが広がります。慢性化すると、反復する痛みの他に、消化吸収不全や糖尿病などを合併します。

膵(すい)臓癌(がん)

膵(すい)臓癌(がん)とは、膵(すい)臓を発生元とする癌(がん)をいいます。
膵(すい)臓は、横に細長い臓器のため、癌(がん)のできる位 置や大きさにより、多彩な症状を呈します。頻度として多いものは、黄疸や食欲不振、体重減少、食後の背部に広がる痛みなどです。
膵(すい)臓癌(がん)の調査には、腹部エコーや、血液の腫瘍マーカー検査などが適しています。

胃腸病って?

胃腸病の代表が胃炎と潰瘍です。胃炎とは、文字どおり、胃に炎症を起こすもので、急性胃炎と慢性胃炎があります。急性胃炎は、胃が痛い、もたれる、吐き気がする等の症状のほか、ひどくなると吐血や下血があります。慢性胃炎は、急性胃炎ほど顕著な症状はありません。一方、潰瘍は、胃や腸の粘膜がただれ、その下の組織まで欠損する病気です。胃の痛み、過酸症状、出血というこの3つの症状が起き、食後時間をおかずに痛むのが胃潰瘍、空腹時や夜中に痛むことが多いのが、12指腸潰瘍です。潰瘍の特徴は治ってもまた再発を繰り返すことで、ひどくなると合併症を患うこともあるので注意しましょう。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状

最も多い症状は、「お腹がすくと痛み、食事をするとおさまる」というものです。空腹時には胃液の分泌が活発になり、潰瘍を直接刺激します。そこで、1日のうちでいちばん痛みやすいのは夜中。睡眠中は胃に食物も入っていないので、粘膜が直撃されるからです。

胸やけは胃潰瘍の前兆

胸やけを訴える人は案外多いものです。胸やけは、胃液が増えすぎて食道に逆流するために起こることが多く、胃潰瘍の前兆のこともあるので注意が必要です。十二指腸潰瘍の人は胃液の量 が増え酸度も高いので、胸やけをよく起こします。

胸やけは立っているときよりも横になったときのほうが強く感じられるものです。とくに左側を下にした場合が顕著なようです。胃・十二指腸潰瘍の治癒期にも胸やけを感じることがありますが、この場合はほとんど心配ありません。ただし、十二指腸潰瘍による幽門狭窄(胃の出口が変形して食べ物が通 過しにくくなった状態)からくる吐き気や胃のもたれは、食欲不振を起こし、回復を遅らせるので、気をつけなければなりません。

十二指腸潰瘍で下血する

胃潰瘍が深く、筋層の中の血管までえぐっていると大出血が起こり、吐血します。色はコーヒーのような褐色です。しかし、潰瘍ができたところが毛細血管のある部分だと、出血も少なく、吐血することはあまりありません。 一方、十二指腸潰瘍の場合は、胃潰瘍より出血を伴うことが多く、吐血のほかに便とともに出血する下血がしばしばみられます。下血の際は痛みを伴いません。黒っぽいコールタールのような便が出て、初めて出血とわかることが多いようです。しかし、吐血・下血とともに胃に激痛を伴うときは危険です。これは胃壁、十二指腸の壁に穴があいてしまったときで、一刻を争います。顔が青ざめ、脈拍が速くなり、出血によるショック状態を起こしているときは、すぐに救急車を手配します。

ストレスと胃腸病

胃腸病はストレスから

ストレスというのは、私たちに与えられるさまざまな刺激をいいます。気象の変化、薬剤などの化学的刺激、悲しみや苦痛などの精神的因子も、みんなストレスです。これらの因子に、からだが無理に適応しようとすると「ひずみ」が生じます。その「ひずみ」によって起こる病気を「汎適応症候群」といいますが、胃・十二指腸潰瘍はまさにその代表です。

胃は食物を大まかに消化し、十二指腸とそれに続く空腸が本格的に消化をしています。胃液には強力な消化力がありますが、ふつうの状態では、自分の胃を消化するようなことはありません。

ところが、ストレスが増えると、胃液の分泌が盛んになると同時に、胃壁の血流が悪くなり、胃液に対する防御力が弱まって、自分の胃液で胃壁を傷つけてしまうことになってしまいます。軽ければ内側の粘膜がただれる程度ですが、重くなるとポッカリ穴があいてしまいます。これが胃潰瘍で、十二指腸潰瘍も同じ原因で起こります。

当院では消化器科の専門医だけではなく、心療内科の専門医も診察に当たっており心と身体の両面 から皆さまのケアに務めております。