ほっと通信

スタッフブログ

国体にて金メダル獲得~介護老人保健施設スイートケアなかよし 新澤さん~

rIMG_8315-2.JPG

10月13~15日、福井県 永平寺町松岡総合運動公園にて「第18回全国障害者スポーツ大会福井しあわせ元気大会」のグランドソフトボール大会が行われ、介護老人保健施設スイートケアなかよしに勤務する理学療法士 新澤竹三郎さん所属のチーム「サツマレックス」が初優勝し、金メダルを獲得しました。

 




rIMG_8338.JPGグランドソフトボールとはソフトボールのルールに準じた視覚障害者の競技で、4人以上は全盲の選手、その他は弱視の選手で構成します。弱視の選手は普通のソフトボールとほとんど同じ動きをしますが、全盲の選手はハンドボールの転がる音を頼りにバットで打ってベースコーチャーの手拍きや指示によりベースを回り、得点を競います。守備は10人で、全盲の選手は転がっているボールを捕球すればアウトとなる、全盲の選手も活躍できるルールになっています。

 

 

 

r20181108085909.jpg

鹿児島盲学校の生徒やOBでつくるサツマレックスは5月の九州大会を制し3年ぶり15回目の全国大会出場となり、これまで前身の大会を含めて準優勝5回の実績があります。新澤さんは捕手として今回で初出場でした。決勝では強豪大阪市チームを4-3で破り、見事優勝。金メダルを獲得しました。

 

 

 

r20181108084631.jpg

今回の優勝について新澤さんは「社会人のグランドソフトボールチームに入り、3年目で全国制覇を経験させてもらい、本当にいいチームメイトに恵まれたと感じています。最後の打者は見逃し三振!ウィニングボールをがっちり掴み、飛び跳ねて全員で喜んだ瞬間が印象的でした。また、職場に金メダルを持って帰り、利用者の皆様に触って頂いたり、職員の皆にも喜びや労いの声をかけてもらい、さらにうれしい時間でした。これからは連覇さらには「2020年燃ゆる感動かごしま国体」での優勝を目指して練習に励みたいと思います!」と喜びを語りました。

 

 

 

 

おぎおんさぁ写真コンテストにて入賞 ~玉水会病院 樋高さん~

rIMG_1698-2.JPGのサムネール画像

7月22,23日、鹿児島の夏を彩る行事「おぎおんさぁ」が行われ、写真コンテストも同時開催されました。コンテストの応募総数315点中18点が入賞し、その中で玉水会病院勤務の樋高さんが見事「佳作」を受賞しました。




rIMG_7998-10-3.JPG

今回入賞した作品のタイトルは「青い空と朱い戴女たち」。青空と天文館の街並みをバックに、頭に桶を載せた戴女たちが大通りを練り歩く姿を写真に収めたもの。

 




 


今回の作品について樋高さんは「何か面白い写IMG_8983-4.JPGのサムネール画像真は撮れないかと祭りの風景を撮影していたところ、パースの効いた面白い構図の写真を撮ることができました。また空の青色と着物の朱色のコントラストもよかったのでは。」とコメント。

 

またこの作品は山形屋や鹿児島市役所などに展示され、「多くの方々に見てもらえたのがとてもうれしい」と喜びを語っていました。

       rIMG_7224-2.JPG              rIMG_1680-2.JPG

 

 

第25回院内研究発表会開催

 

第25回院内研究発表会開催が開催され、リハビリテーション科の

「退院後の訪問リハビリテーション」

~短期集中リハビリテーション実施加算への取り組み~

が1位となりました。「訪問リハビリテーションでできること」をパンフレットを作成して明示し、ケアマネージャーとの連携により新規の利用者数を前年の約2倍に増加、さらに加算も66%増加の実績をあげました。

ご利用者様の自宅に手すりを付けるなど、リハビリスタッフの目線で行ったリフォームにより、ご利用者様の日常動作を行なう機能を向上させた取組みが評価されました。

永年勤続表彰&ベストスマイル賞について

 

玉水会を長年支えてきたスタッフを表彰する永年勤続表彰。今年は15名が表彰されました。

勤続20年の高平静代看護師長は受賞のコメントで、8・6水害の頃の思い出をはじめ、多様な働き方で仕事を続けることの大切さを後輩スタッフに伝えていました。
           


職員間での投票により、笑顔が素敵な人に贈られるベストスマイル賞。今年は金澤和幸理学療法士が選ばれました。
                             
金澤和幸理学療法士は、気持ちよくリハビリに取組んでもらえるよう、笑顔で頑張ります!とコメント。

第6回 西部地区連携の会(WA-net)開催

平成28年11月10日、県民交流センターにて、中江グループ(医療法人玉水会・社会福祉法人中江報徳園)主催の第6回「西部地区連携の会」が開かれました。


前半は、鹿児島市の長寿支援課の方に「介護予防・日常生活支援総合事業」について講話をしていただきました。この事業は、予防給付のうち訪問介護と通所介護を市町村が地域の実情に応じた取組ができる地域支援事業に移行するなど、サービスの多様化を図るもので、平成29年4月1日までに全ての市町村で開始します。サービスの利用の流れ等、参加者は理解が深められた様子でした。

後半は上町健康大学の後田逸馬事務局長による事例発表「上町健康大学の取り組みについて」があり、予防医療の学習を始めた経緯、健康大学の取り組み、健康大学を地域に浸透させる工夫、活動の中での出会いなど話していただきました。約200人の参加者からは、「地域に定着する活動に至るまでの体験談等、とても貴重な話を聞く事ができた」という意見も寄せられました。



医療・介護の新制度や地域の積極的な取組みを学んだ今回の
WA-net。今後も地域の施設との連携を深め、医療と介護の質の向上に努めてまいります

新入職員・新人職員との茶話会を行ないました!

 

 この春の新卒新入職員は(看護師3人、介護職1名)4人です。

茶話会を開き、それぞれの仕事への取組みを評価。玉水会ならではの良いところ探しをして、職場スタッフからのメッセージを伝えました。「趣味は音楽」「ウォーキング」など、それぞれのリフレッシュ法を語りあい、上司から「ストレス解消の時間を上手に取り入れて、仕事もプライベートも充実させて頑張って!」との励ましもありました。患者様、ご利用者様一人一人に真心を込めて接していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

第5回 西部地区連携の会(WA-net)開催

平成28年6月8日、城山観光ホテルにてグル-プ(医療法人玉水会・社会福祉法人中江報徳園)主催の第6回「西部地区連携の会」が開かれました。

 

 


事業所同士の連携を深めるための会であり、今回は株式会社ヘルスケア経営研究所の酒井副所長が「医療と介護の連携のメリット~2018年同時改定までにやっておくこと」と題して、約230人の医療介護関係者を前に、医療と介護の連携、そして診療報酬の改定から行政が何を求めているかを知ることの必要性を話しました。

 


 

参加者からは「連携の具体的内容を聞くことができ、何をしたら