ほっと通信

院内研修(医療・医薬品安全について)が行われました。


医療安全研修「コミュニケーションエラー(情報伝達のエラー)」を行いました。

ian3.jpg

医療の現場では日々、医師から看護師、看護師同士の引継ぎ、患者様やご家族様への説明の場など、人から人へ情報を伝達する場が多々あります。このような場で情報の伝達エラーをいかに防いでいくかという内容で研修が行われました。実例を踏まえた説明や簡単な演習を通じて情報伝達の難しさを参加者全員が体感し、その対処法について学びました。このようなエラーを防ぐには、会話の際に「伝えたつもり」「わかったつもり」にならず、自分と相手の言動を常に確認することが重要だそうです。

また同時に、当院薬剤師による「ハイリスク薬の安全管理について」と看護師による「事故・不適合発生時の流れについて」の研修も行われました。

ian2.jpg

ian1.jpg